1: 閃光妖術(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 20:56:59.46 ID:YgcAakJc0.net BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/hare.gif
    30万円で自作できるキャンピングカー「軽トラキャンパー」とは!?

     キャンピングカーは軽自動車ベースでも200万円以上するが、軽トラックの荷台に居住スペースを自作すれば格安で手に入る!?
    「軽トラキャンパー」の自作にチャレンジしている人に話を聞いた。

    軽トラの使い勝手はそのままに

     軽トラキャンパーを自作するのは、長野県池田町で「安曇野パーマカルチャー塾」を主宰する臼井健二さんだ。
    臼井さんは同地で、農作業を基本に自給自足的に暮らす「パーマカルチャー」を実践。
    ワークショップを通じて、その生活方法や考え方などを伝授している。

     実は軽トラキャンパー作りもワークショップの建築実習として実施。
    現在20人の受講生とともに、荷台への載せ下ろしが可能な「スライドアウト」形式のシェル(居住スペース)4台を製作中という。

    「市販されている軽トラベースのキャンピングカーは、高価なだけに良く出来ています。けれどもシェルが固定されているものは
    キャンピングカーとしてしか使えない。必要に応じてシェルを荷台から下ろせば、軽トラを荷運びと居住の両方に使えるし、
    自作で費用を抑えられるのがメリットです」と臼井さん。

     軽トラの最大積載量は350キログラム。シェルは、荷台高さを含めた全高が2.5メートル、全長は車両長×110%以内、
    幅は車幅を超えない条件で作る。
    荷台から下ろすときは、クレーン車のように「アウトリガー」(支柱)を横に伸ばしてジャッキアップ。
    アウトリガーも単管パイプを溶接して自作する。

    no title

    no title


    続き
    http://hbol.jp/59886

    【30万円で自作できるキャンピングカー】の続きを読む

    このページのトップヘ